アガリ役一覧(2飜役)

ダブル立直(ダブルリーチ)

ダブリー

2飜門前役

その局が始まって1巡目、自分の第一ツモの捨て牌でリーチをかけるとダブルリーチとなり、アガれば2飜つく。

ただし、その前に誰かのフーロもしくは暗カンがあった場合には、ダブルリーチではなく単なるリーチとなってしまう。

略して「ダブリー」と言ったりする。

一気通貫(イッキツウカン)

2飜食い下がり1飜

(2)(2)三四五12456789   3ツモorロン

同じ種類の数牌で、123、456、789という3つの順子を作る。門前で作れば2飜つき、鳴くと1飜に下がる。

略して「イッツー」と言うことが多い。

混全帯ヤオ九(ホンチャンタイヤオチュー)

2飜食い下がり1飜

白白一二三(7)(8)(9)23999   1ツモorロン

雀頭を含め、すべての面子の中にヤオ九牌が含まれている形を作る。門前で作れば2飜つき、鳴くと1飜に下がる。

略して「チャンタ」と言うことが多い。

字牌を使っていなければ、純全帯ヤオ九となる。

三色同順(サンショクドウジュン)

2飜食い下がり1飜

(1)(1)四六六七八(4)(5)(6)456   五ツモorロン

ワンズ、ピンズ、ソーズの同じ数字で順子を作る。門前で作れば2飜つき、鳴くと1飜に下がる。

略して「サンショク」あるいは「サンシキ」と言うことが多い。

連風牌(レンプウハイ)

2飜食い下がりなし

11南南南(3)(4)(5)(6)(7)   三二四チー   (5)ツモorロン

東場の東家、および南場の南家しかアガれない役。場風と自風がダブっているので、刻子または槓子にすれば2飜となる。鳴いても2飜。

「ダブ東」、「ダブ南」などと言う。

上の例は南場の南家の手。つまりダブ南。

西場や北場のあるルールの場合は、ダブ西やダブ北も存在する。

対々和(トイトイホー)

2飜食い下がりなし

三三三6777   (8)(8)(8)ポン   999ポン   6ツモorロン

雀頭と刻子(もしくは槓子)だけの形にする。鳴いても鳴かなくても2飜。

刻子すべてが暗刻の場合は、四暗刻という役満になる。また、3つが暗刻の場合は、三暗刻もついて4飜となる。

略して「トイトイ」と言うことが多い。

三暗刻(サンアンコー)

2飜食い下がりなし

北北(9)(9)一二三(6)(6)(6)333   北ツモ

手の内に暗刻(もしくは暗槓)を3つ作る。鳴いても鳴かなくても2飜。

略して「サンアン」と言ったりする。

上の例では、北または九ピンツモで三暗刻となるが、出アガリの場合は三暗刻にはならない。

小三元(ショウサンゲン)

2飜食い下がりなし

中中234白白白六八   發發發ポン   七ツモorロン

三元牌のうち1つを雀頭にし、残りの2つを刻子(もしくは槓子)にする。鳴いても鳴かなくても2飜だが、三元牌の2つの刻子が飜牌として2飜つくので、必然的に4飜となる。

三元牌を3つとも刻子にした場合は、大三元という役満になる。

略して「ショウサン」と言ったりする。

三色同刻(サンショクドウコー)

2飜食い下がりなし

西西三四(9)(9)(9)九九九   999ポン   五ツモorロン

ワンズ、ピンズ、ソーズの同じ数字で刻子(もしくは槓子)を作る。鳴いても鳴かなくても2飜。

刻子を3つ、しかも同じ数字で作るのは難しく、出にくい役として有名。

「サンショクドウポン」と言うことが多い。

混老頭(ホンロートー)

2飜食い下がりなし

11一一九九九   (9)(9)(9)ポン   中中中ポン   1ツモorロン

ヤオ九牌だけで対々和、もしくは七対子を作る。鳴いても鳴かなくても2飜。もちろん対々和や七対子との複合役になる。対々和と複合する場合、必然的に4飜となる。

略して「ホンロー」と言ったりする。

字牌を使わず、老頭牌(数牌の1と9)だけを使っている場合は、清老頭という役満になる。また逆に字牌だけを使っている場合は、字一色という役満になる。

三連刻(サンレンコー)

2飜食い下がりなし

(7)(7)222444一二   333ポン   三ツモorロン

同じ種類の牌で、連続する3つの数字の刻子(もしくは槓子)を作る。鳴いても鳴かなくても2飜。

連続する4つの数字の刻子を作ると、四連刻という役満になる。

猿雀会では三連刻/四連刻をアガリ役として採用しているが、一般的には認められないことが多いので注意。

三槓子(サンカンツ)

2飜食い下がりなし

88四五   裏(3)(3)裏暗カン   裏99裏暗カン   西西西西明カン   六ツモorロン

槓子を3つ作る。暗カンでも明カンでもいい。鳴いても鳴かなくても2飜。

槓子を4つ作ると、四槓子という役満になる。