アガリ役一覧(1飜役)

門前清自摸和(メンゼンチンツモホー)

ツモ

1飜門前役

他家からのフーロ(チーとかポンとか鳴くこと)をしていない状態(門前)でテンパイし、アガリ牌を自分でツモった時の役。

略して「ツモ」と言う。

立直(リーチ)

リーチ

1飜門前役

門前でテンパイして「リーチ」と宣言し、捨て牌を横にする。この時千点棒を場に1本出す。これでアガればリーチの1飜がつく。

リーチ宣言後は、アガリ牌以外はツモ切りしなければならない。ただし、手の内に暗刻があった場合に4枚目をツモってきた時、可能な形であればカンできる。

リーチしてアガった場合には、裏ドラの権利ができる。

4人のリーチが成立した場合は、流局。

平和(ピンフ)

1飜門前役

一一五六七(6)(7)(7)(8)(8)(9)34   2ツモorロン

門前で、4つの順子と雀頭を作る。雀頭には刻子で飜牌になる牌(三元牌と場風、自風の牌)は使えない。また、待ちの状態で両面待ちでなければならない。

「麻雀は平和に始まり平和に終わる」と言われるように、基本中の基本。

一盃口(イーペーコー)

1飜門前役

三三七七八八九444789   九ツモorロン

門前で、同じ順子を2つ作る。

上の例では九萬で一盃口が成立するが、六萬の方だと一盃口にはならない。

略して「イーペー」と言ったりする。

断ヤオ九(タンヤオチュー)

1飜食い下がりなし

二二三五345567   (2)(2)(2)ポン   四ツモorロン

ヤオ九牌(数牌の1と9、および字牌)を1枚も使わず、中張牌(数牌の2〜8)だけを使ってアガった時の役。

略して「タンヤオ」と言う。また、フーロしたタンヤオを「クイタン」、タンヤオ・平和を「タンピン」、タンヤオ・ツモを「タンヅモ」などと言ったりする。

猿雀会ではクイタンありだが、他では認めないルールもあるので注意。

飜牌(ファンパイ)

1飜食い下がりなし

(1)(1)中中中23456   東東東ポン   1ツモorロン

三元牌(白、発、中)、場の風牌、自分の風牌は、刻子または槓子になっていれば、1種類につき1飜つく。

上の例で、東場の東家の手だとすると、中(三元牌)、東(場風)、東(自風)つまり「ダブ東・中」で3飜つく。このように場風と自風がダブる場合、連風牌と言う。

一発(イッパツ)

一発

1飜

リーチをかけ、1巡以内にロン、またはリーチ後1回目の自分のツモ牌でアガると1飜つく。リーチをかけた場合のみ成立する役。

ただし、リーチ後1巡の間に他の誰かのフーロもしくは暗カンがあった場合は成立しない。

「即」などと言ったりもする。

海底撈月(ハイテイラオユエ)

1飜

その局におけるツモ山の最後の牌(海底牌)をツモってアガった場合に成立する役。

嶺上牌は海底牌にならないため、嶺上開花とは複合しない。

略して「ハイテイ」と言うことが多い。また、河底撈魚と区別するために「ハイテイツモ」と言うこともある。

河底撈魚(ホーテイラオユイ)

1飜

その局における最後の捨て牌(河底牌)でロンアガリした場合に成立する役。

略して「ホーテイ」あるいは「ホーテイロン」とも言うが、海底撈月と同じく「ハイテイ」と言うことが多い。区別するために「ハイテイロン」と言うこともある。

槍槓(チャンカン)

1飜

他家が自分のアタリ牌でカンした場合にロンアガリすることができ、槍槓として1飜つく。ただし、暗カンではアガることができない。加カンした場合のみ。

例外として、国士無双の場合に限り暗カンに対しても槍槓でアガることができる。

嶺上開花(リンシャンカイホウ)

1飜

カンをして、王牌からツモってくる牌(嶺上牌)でツモアガリした場合に成立する役。リーチ後も有効。

略して「リンシャン」と言うことが多い。