場決めのやり方


猿雀会で使用している場決めのやり方を紹介します。
正式な場決めの方法として、一般でも広く使われているやり方です。

用意するもの

サイコロ2つ
風牌4種類を1枚ずつ…東南西北
奇数と偶数の数牌を1枚ずつ…一二

やり方

  1. 4人が席についている状態で場決めを行う(前の半荘の席、ゲーム開始時であれば適当に席についておく)。
    とりあえず席につく
  2. 最初にサイコロを振る人を決める(前局の最後にアガった人、ゲーム開始時ならばゲスト等)。
    仮に「A」の人とする。
  3. サイコロを振る人以外の人(仮に「C」の人とする)が牌6枚を伏せてシャッフルし、1列に並べておく。
    「C」の人が牌を伏せてシャッフルする
  4. サイコロを振る。
    仮に「8」が出たものとする。
    「A」の人がサイコロを振る
  5. 出た目の席が仮々東となるので起家マークを置く。
    「A」から見て左八の席に起家マークを置く
  6. その席についている人が再度サイコロを振る。
    仮に「7」が出たものとする。
    「D」の人がサイコロを振る
  7. 伏せてある6枚の牌を表にする。
    南二北一西東←シャッフルしてあるのでこんな感じ。
  8. 風牌の並びはそのままにし、数牌をそれぞれ近い方の両端に移す。
    二南北西東一
  9. サイコロの目が奇数ならば奇数側から、偶数ならば偶数側から風牌を取り出し、出た目の席から順に反時計回りに配る。
    「7」が出たので一側(右側)から牌を取り出す。
    「D」から見て対七の人から順に「東」「西」「北」「南」と配る
  10. 起家マークを置いた席に東を引いた人が座り、以下反時計回りに南西北を引いた人が座っていく。
    起家マークの席から「東」「南」「西」「北」の順に座る
  11. 場決め完了。